お腹が気になる方へのオプション検査

人間ドックには気になる検査をオプションとして調べることができます。

腹部CT
12,960円(税960円含)

上腹部から骨盤内までを撮影します。主に肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓、などの疾患の有無を検索します。肥満の方や高齢者の方は腹部エコー検査の画像が描出しずらいことがありますのでCT検査との併用がおすすめです。

内蔵脂肪計測(CT)
3,240円(税240円含)

腹部CTにてへその部位の断面像を撮影し、内臓脂肪の面積を測定する検査です。肥満の種類や隠れ肥満も診断できます。

腫瘍マーカー AFP
2,700円(税200円含)

肝細胞がんや肝硬変で数値が高くなることが多いマーカーです。

腫瘍マーカー CA19-9
3,240円(税240円含)

おもに消化器系がんのマーカーとして用いられ、なかでも膵臓、胆管、胆のうがんの時に数値が上がることが多いマーカーです。

肝臓が気になる方へ肝臓ドックコース

肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれるように初期の段階では症状を自覚ににくいため、知らない間に症状が進行していることもあります。そのため、他のがん同様に早期発見が大変重要となってきます。

肝臓ドックA
8,640円(税640円含)

肝臓ドックAでは、腹部エコーやフィブロスキャン(肝硬度測定)などの検査で『慢性肝炎』・『肝硬変』・『肝がん』の有無などを形態的に調べます。

肝臓ドックB
29,160円(税2,160円含)

肝臓ドックBでは肝臓に特化した血液検査や腹部エコー、フィブロスキャン(肝硬度測定)などの検査で、病気の早期発見を目指します。

肝臓ドックAの検査内容に次の検査が追加されます。 血液検査 肝機能 肝がん腫瘍マーカー(AFP・PIVKA-Ⅱ) 肝線維化指標